沖縄沖洲会Web Site


現在、改装中です!

沖縄沖洲会は結成から98年の歴史を刻む沖洲会の長老組織です。結成から5年後の1929年に世界大恐慌、1931年に満州事変、1941年に太平洋戦争〜米国軍政下に置かれ、1972年に日本復帰。その間、1950年の朝鮮戦争・1955年のベトナム戦争があり、1975年には平和の祭典と意義づけられた沖縄海洋博覧会が開催されました。外国の戦争特需、国際イベント特需で地上戦の被害から経済を立て直した先輩諸氏らの話は、現代に生きる沖洲会員には貴重だと思います。あの世界恐慌の引き金は、1918年スペイン風邪の流行に端を発したとの説がありますが、私たちは現在、2020年から始まったコロナウィルスの流行に晒されています。そして、ウクライナ戦争とその経済封鎖等々。「時代は繰り返す」と云われ、不安は増すばかりですがが、2年後に迎える沖縄沖洲会100周年の年は、明るく迎えたいと願うものです。

さて、この度、当会のホームページを大幅に改変することにいたしました。沖縄沖洲会のウェブサイトは私の提案で会の採決を受け、独力で制作し、6年前から公開しておりますが、今回、セキュリティー強化の為、世界で最も支持されているWordPress社のテンプレートを土台としたWeb Siteに変更するため、改修作業を行なっています。まだ暫く時間を要しますが、ご理解ご協力の程、お願い申し上げます。

Web Site作成者:沖縄沖洲会会員:梶原一より